FC2ブログ

そば処神門(ごうど)@出雲の『鴨汁そば』は強烈な美味さ♪

今後出張が増えてくるであろう、山陰地方。

時間が無い中、折角だからと取引先の方から教えてもらい訪ねたのが、『そば処神門(ごうど)』

そう、出雲や松江といえば、なんてったって出雲そばって決まり!

出雲そばといえば、そばの実を殻ごと挽いてて、色が黒く、香りが高く、コシが強い!というのが特長のようです。それと、有名なのは割子そば。3段重ねが基本みたい。

でも僕が注文したのは『せいろ』。同行者は当店一番人気の『鴨汁そば』を注文。

待っている間に、レジ回りに行くと、なんと・・

「出雲そば通」という小冊子を発見!

この編集は、なんと・・・

「出雲そば通団」!!!!

どこかで見たようなフレーズに思わず購入(300円)。67店舗の出雲そば屋の紹介と、薀蓄などが書いてあり、これが結構面白い。

家でググッて見たら、出雲そば通netというHPもあり、ソムリエよろしく、『ソバリエ』(適切に出雲そば店を案内したり、そばのメニューを紹介したり、そばに関する様々な知識を披露する、非常に教養が求められる資格?だそうです)の紹介もあります。

そばにはそこまで詳しくないんですが、東京や山形ではソバリエ制度(?)がスタートしている模様。しらんかった。。

そんなこんなで、楽しんでいる間にブツが到着!

思ったほど黒い色ではなく、むしろ白っぽい。本来の出雲そばとはやや違うのではないかと思います。

しかしそばの香りがフワッとして、のど越しがよいですが、紹介された際に言われたコシというのはあまり感じず。

後何件か出雲そばのお店に通わないと、比較できないですが、結構当たりのお店ではと思う・・・なんて考えながらフト顔を上げると、

同行者の顔に、

「これは、美味~~い!!」

と、大きく書いてあったのである!!

そう、そういえば、一番人気の『鴨汁そば』を注文していた相方。てっきり温そばタイプ(それ鴨南やろって突込みが入った。。)かと思っていたら、冷そばを、温かい鴨汁につけていただくタイプのもの。

で、一口もらうと・・・

『げ、激ウマじゃないか~っ!』

そばの美味さは自分が注文したせいろでわかっているが、何と言ってもつけ汁が凄い。

ネギ(たぶん)と思われる甘みと鴨肉の旨み、それに生姜のアクセントが入ったこの組み合わせは、そばの美味さをより一層引き出しているよう。

このつけ汁持ち帰りたかったなぁ。これだけでも、今日は収穫大有りの日だった。

出雲そばめぐりは当分続けます。またいいお店に出会えると良いな。

『鴨汁そば』超オススメです!!


そば処神門の『鴨汁そば』(780円)
『せいろ』(900円)


店名 そば処 神門(ごうど)
住所 出雲市常松町378
電話 0853-24-6200
時間 11:30~15:00、17:00~21:00
祝日 月曜(祝祭日の場合は火曜)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Trackback

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  そば処 神門@島根 出雲
  • 出雲市常松町にある手打そば店 そば処 『 神門 』 出雲ドームから西へ1km、161号線から少し入ったところにある手打そば店。 国産そば粉を使用した石臼挽きの本格手打蕎麦がいただけるお店だ。 たまたま前を通りかかってイン! 「っさーせん!鴨汁そばくざさい!...
  • 2010.05.11 (Tue) 02:00 | 殿のBlog