ちょっと、腹ごしらえ2。 旨い「この一品」 

~everyday gourmet~ 東京、福岡を中心に全国を食べ歩くグルメニスト。美味しいお店、グルメランキング、お取り寄せもあり★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

元祖長浜屋支店@港でカタいっぱ~い^^

先月は諸事情であまり更新できなかった僕です^^;
チョコチョコ食べているのは食べているんですけど・・・ま、ちょっとお仕事がってやつで。さばけなくてすみません。。。
お蔵入り画像増えてますが、また機会があればボチボチアップしていきますね♪

という訳で、これは2日の土曜に食べたお店。ん~べたやね~。『元祖長浜屋』です♪

観光客には外せない定番のお店。福岡在住の人には『マズウマ!!』で意見は色々あれど愛されている店。で、僕はちょっと苦手なお店という位置づけです(笑)
久留米出身の僕の『丸星』のようなもので、美味しいかどうかは不明だけど、昔からのなじみのお店感覚でファンが多いっているところでしょうか。

でも、この日は遠方より仕事関係の方がお見えだったので、折角だからと(会社から近いというのもあります^^)ご案内しました♪

しか~し!!

実はデジカメ忘れたんですよね^^;
ってな訳で、写真は3年ほど前のもので勘弁してください(汗)
当時は無かったんですけど、今は食券制になってます!
外観


食券制になっても、店内に入ると何も言わずともすぐ勝手にラーメンを作り始めるシステムは変わらない。入店して席につくまでの間に「カタ~」と麺の固さをいい、ものの1~2分でラーメン登場という仕組み。
麺

しかし、今日はなんか妙に旨く感じたんですよね。理由は不明(笑)
麺もモサモサ感も無くいい感じ。
へぇ~、元祖でもこんな日があるんだな~。今更ながらラーメンの奥の深さを実感。

もしかして、これではまっていく人がいるのだろうか??
僕の味覚も変化してきているのは確か。今よりももっと肩の力を抜いてラーメン楽しも~っと♪♪


ラーメン(400円)

店名 元祖長浜屋支店

住所 福岡県福岡市中央区港1丁目2-1
電話 092-711-8154
時間 24時間
祝日 無休
関連記事
スポンサーサイト
マスコミでもちょっと流れたんで、知ってる方も多いですが、今は長浜家というお店が向かい側にオープンしているので、なんとも奇妙なというか面白い光景が見れますね。
誤解を恐れずにいうと、元をただせば派閥争いのようなものですが、観光客の方等はどう思ってるのか気になりますね。
[ 2010/01/26 20:45 ] [ 編集 ]
当たりました
味のマルタイさんがコラボで発売した商品「博多長浜屋ラーメン」の懸賞で、長浜屋さんと同じデザインの丼、小丼、小皿の3点セットが当たりました。ものすごくうれしいです。
今は福岡から転勤して首都圏にいますが、長浜屋さんのラーメン、恋い焦がれています。
入店すれば黙っていてもラーメンが出てくるのがとても嬉しくて、無口のままお店に出入りしていました。
日によって味は確かに違いましたが、それがまた飽きない秘訣なんだな~と勝手に思っています。
[ 2009/05/24 21:40 ] [ 編集 ]
>ツルティさん
生は僕食べれないんですよぉ~(汗)
久留米出身なんで、むしろ柔麺タイプの方がなじみがあったというのもありますけどね。

>じんじぶちょーさん
ども♪
へぇ~。元祖に関してはあんまり僕知らないんですけど、そういう事情があるんですか?!
でも出来るメンバーのオペレーションというのは想像つきますね^^
[ 2007/06/09 07:25 ] [ 編集 ]
元祖の楽しみ方
僕もここ抵抗あるんですよね。というかここ15年くらい行っていません(笑)。これある方が言っていたのですが市場関係者の方が多い朝の時間帯がいわゆる”デキる”メンバーが揃っており、一番おいしく食べられるのだそう。完璧なオペレーションも見ていて爽快だとも言っていました。これ聞いて足を運んでみようかなぁ…と想っている今日この頃です。
[ 2007/06/09 01:53 ] [ 編集 ]
元祖長浜屋に行くと替え玉は”生”で頼みます。なぜか食べたくなりますよねぇ。
[ 2007/06/06 09:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
カテゴリー
コメント
データ取得中...
プロフィール

たべわん

Author:たべわん
福岡出身、東京在住の食べ歩き好き☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。