ちょっと、腹ごしらえ2。 旨い「この一品」 

~everyday gourmet~ 東京、福岡を中心に全国を食べ歩くグルメニスト。美味しいお店、グルメランキング、お取り寄せもあり★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

関東有名とんこつラーメン店巡り1【ばりこて@杉並区高円寺南】

僕はどちらかというと郷に入りては郷に従えのタイプで、東京に住むことになって確かにとんこつラーメンを気軽に食べれなくはなったものの、逆に色々なラーメンが食べれることを楽しみたいと思う方。とはいってもやはり福岡県民の血がながれているので、とんこつラーメンには飢えてますw
で、東京にいると、本場のとんこつみたいに美味しいお店知りませんかと結構聞かれることも多いんです。。

その時になんで答えるかというと、『あんまり食べてないのでわからないから逆に教えてください』なのですw

てことで、これじゃまずいということで、色々な方に聞いたりネットで調べたりして興味を示した関東のとんこつラーメン店巡りを随時アップしていこうと思いました!

で、まずはネットでよく出る有名店【博多ラーメンばりこて@杉並区高円寺南】さん。

見た目泡が立っていて、結構どろっとしているように思えると思いますが、
食べるとさらっと行けちゃうタイプですね。と言いながらも麺とスープの絡みが絶妙。
ぱっと見は思わず、かの元気一杯を思い出しました。味は全然違いますよ、勿論。。

レビューなど見ると長浜ラーメンと博多ラーメンを混同して記載している人が多いですが、
ここはHPにも書いてある通り博多ラーメンを目指していることは明白。
(ここ色々書くとラオタなのがばれるので、今回はあえて書きません←)

店舗でシッカリを出汁をとっているお店で高評価もうなずけます。
後は好みの問題かな。平日の夜訪問で初めて食べたので何とも言えませんが、
やや出汁力が足りないように思いました。ベストの日はこの日よりはるかにおいしいのだろうと思います。

臭みもあまりないので、こちらでは受け入れられるはず。
福岡にはこの手のタイプは意外とないので、店主さんが独自に研究したんでしょうね。

簡単なおつまみもあり、焼酎と餃子も頼みましたが、これが薬院の八ちゃんを彷彿させるチビ餃子。
中々ツボをつかれた味で、なんとおかわりしちゃいましたwwww


近所にこのようなきちんとしたお店があると、嬉しいですよね。ごちそうさまでした。

好み:★★★☆

店名:ばりこて
電話:03-5378-0326
住所:東京都杉並区高円寺南1-30-15
時間:[火~土]11:30~15:00、17:30~翌2:00、[日]11:30~15:00、17:30~23:00
休み:月曜



スポンサーサイト

洋風テイストの鶏白湯ラーメン【潮@神田】

神田付近は、東京の中でもラーメンの激戦区の一つ。好きなラーメン店が結構あるので、どのお店に行っていいか本当に迷います。そんな激戦区に昨年(2012年)9月にまたまた新進気鋭のお店がオープン。潮というお店で、にほんいち醤油を使用した和出汁がきいた醤油ラーメンと、洋風アレンジ風の鶏白湯ラーメンの2枚看板が売り。

今回は雑誌でも紹介されることが多い、鶏白湯そばを注文しました。

写真


見た目個性的ですよね~。白いスープにアスパラや刻みベーコン、ポーチドエッグ、ブロッコリー等のラーメンとは思えないトッピング。生クリームのコクの中に、大山鶏を煮出したという鶏出汁がしっかりベースとしての存在感を出していて、かなりわかりやすい味。個人的には生クリームなしが好みではあるけど、これもアリといえばアリ。一度は試したくなる味ではありますね。挑戦的な姿勢には拍手です。


好み:★★★☆

店名:潮 (うしお)
電話:03-6206-9322
住所:東京都千代田区神田淡路町2-4-4 アール神田淡路町 B1F
時間:11:00~19:00(L.O)※スープなくなり次第終了
休み:日曜日
価格:[夜] ~¥999 | [昼] ~¥999

唐津のとんこつラーメンはワイルドだぜぇ~【田の久@唐津】

大体タイトルなどに、その時の流行語を入れていたりすると、後から見直した時に古いっ!ってなってしまうんですけどあえて入れてみました!昔ながらのとんこつラーメンというのは九州でもどんどん少なくなっているんですけど、佐賀県唐津市に行くとそういう店がまだまだ残ってます。

唐津といえば一竜軒となるわけなんですけど、営業時間の関係で上手くタイミングが合わなければ中々行けず。この日も正月明けに行ったんですけど、日曜日という事で一竜軒は断念。でも豚骨ラーメンがどうしても食べたかったので、田の久にかなり久しぶりに伺いました。

お昼時でもあったので地元のお客さんでいっぱい。そんな中ラーメンを注文しました。

写真

ビジュアルからわかる濃厚なスープは本日は結構ライトな味わい。とはいえ、北部九州外の方からしたら十分にど豚骨と思われます。これですこれ。豚骨の旨みがしっかりと出た臭みのある出汁。それに中太麺で柔目に茹でた麺が佐賀流。こういうワイルドなスープは中々九州でも食べることが出来ないので、こうやって遠征したくなるのです。

今年は何杯好みのとんこつラーメンが食べれるかな☆

好み:★★★★☆

店名:田の久 (たのきゅう)
電話:0955-78-1398
住所:佐賀県唐津市石志3274-1
時間:11:30~16:00
休み:水曜日
価格:[昼] ~¥999

お洒落カフェで食べるつけナポリタン【ライオンのいるサーカス@恵比寿】

東京にきてからまだ日が浅い中で、頻繁に行くエリアが恵比寿

業者さんやクライアントさんなど結構このエリアに集中しているので、意外と立ち寄る事が多く、僕自身も雰囲気まで含め気に入ってる場所。と言っても中々このエリアで食事という機会は多くなく、まだまだ開拓の余地が十分にあるなか、前から気になっていたお店に立ち寄る事が出来ました。

ライオンのいるサーカスというカフェで、店名も印象に残るのと、ここのランチの一押しが、なんと『つけナポリタン』という代物。

20121212084346d2f.jpg

静岡県富士市、吉原商店街のB級グルメだそうで、実際のものを食べるのは初めて。
まず、麺は噛みごたえがあるもっちりしたもので、パスタ麺という感じではない。

そして、スープ(?)ですが、トマトで煮込んだ牛すじ煮込みっていう感じ。
意外とシンプルに素材の旨みを引き出していて、正直ナポリタンというより、
旨みのあるミートソースのような感じでしたが、これはこれであり。
玉子とチーズは入っていて、かき混ぜるとまろやかな感じになり、また違う味わいに。

ゴロっとした牛すじも中々美味しくて、これは人気が出るかも!!
アンティーク調のお洒落な店内も、雰囲気が良くて夜も利用してみたい所。


好み:★★★★

店名:ライオンのいるサーカス
電話:03-6452-3657
住所:東京都渋谷区恵比寿南2-3-1 パーザ恵比寿301
時間:[月~金]ランチタイム11:30~16:00、バータイム18:00~23:00、[土日]12:00~23:00
休み:不定休
予算:[夜] ¥3,000~¥3,999 | [昼] ~¥999

季節限定メニュー「冷やし柚子塩麺」【AFURI@恵比寿】

今、恵比寿エリアは結構な訪問頻度ですが、ランチ時間に行くのはタイミングが中々合わず。そんな中でも都内屈指の人気店、AFURIには、ことあるごとに行っていました。

神奈川県厚木市の人気店ZUND-BAR (ズンド・バー)の流れをくむお店で、恵比寿を拠点とし、今は原宿や中目黒にも店舗を構える有名店。鶏をベースにした塩系、醤油系のラーメンが人気。その中でも、一口食べて一目ぼれならぬ、「一口惚れ」をしたラーメンが、夏限定で出る「冷やし柚子塩麺」。

2012120116444921e.jpg

見た目も涼しげで、柚子ジュレが上に載っていて自然に溶け出すと、ゆずの香りとサッパリしたスープ、細めの麺とのハーモニーを、マッタリと味あわせてくれます。また、自慢の炙りチャーシューもアクセントになっており、
全体の完成度はかなり高い!!

レギュラーで温麺のゆず塩麺もありますが、やはり夏限定の冷やしは、なんといっても最強でしょう!!!是非皆さんに食べてもらいたい一品です★

好み:★★★★☆

店名:AFURI (阿夫利 あふり)
電話:03-5795-0750
住所:東京都渋谷区恵比寿1-1-7 117ビル 1F
時間:11:00~29:00
休み:無休

一幸舎出身の超自信作豚骨ラーメン!【博多一双@博多駅東】

2012年11月27日にオープンした博多駅八仙閣近くのラ新店にお邪魔しました。どうやら一幸舎の出身の方が独立して出店したらしい。一幸舎といえば、一般的に濃厚とんこつと言われ、また福岡のつけ麺店を複数出店した優良店というイメージをお持ちの方も多いと思います。オープンしてから早くも人気沸騰らしく、超期待して訪問しました☆

博多一双というお店ですが、デフォのラーメン600円、ランチは650円でライス付き(オカワリ自由)も魅力的。

20121228063009d3e.jpg

超期待感満載の見た目からそそられます。そして一口啜ったスープは乳化が進んだかつ甘さを感じる味で、あの曰く付きラーメン店、元気一杯を思い出すほど。出身店の濃度は持ちつつも、豚骨臭さは皆無。この日のスープは当たりだったとおもいます。マジで旨すぎて、普段やらない替玉をしてしまった次第。

近々新型のスープも登場するらしく、更に期待が持てる店。このスタンスを是非維持してください!

好み:★★★★☆

店名:博多一双
電話:092-472-7739
住所:福岡県福岡市博多区博多駅東3-1-6
時間:11:00~24:00
休み:年中無休※元旦はお休み
価格:[夜] ~¥999| [昼] ~¥999

=========================
あらゆる食をランキングした
「グルメランキング みんなでBEST5」もチェック!!
欲しいグルメBEST5情報が多数掲載中ですっ★
http://www.best555.net/
=========================

金曜限定!鴨出汁の絶品醤油ラーメン【紫くろ喜@秋葉原】

秋葉原駅付近で打合せが終わり、昼食を。
と、ここで金曜限定で行列が出来るお店が駅の近くにあったと思い、早速訪問。

いつもは、塩と味噌ラーメンを提供しており、一部熱狂的なファンがいる、
響くろ喜が、今年11月から始めたセカンドブランド、紫くろ喜です。
金曜日だけ、のれんを紫のものに変えて営業し早くも好評だとか。

かなりの行列と思いきや、行ったときはそこまで多くはありませんでした。
超ラッキー!! 

20121216074448e8d.jpg

鴨そばの細麺の食券を買い席に着くと比較的早くに提供されました。
見た目とほのかに香る風味で期待感がなおそそられます。

まずはスープを一口。店主はイタリアンと和食の経験者だそうで、
なるほど鴨から出た上品なスープに、醤油の旨みがバランスよく感じられる深いかつサッパリとした口当たり。
とにかく透明感あふれる味がビックリするほどうまいです。

そして、麺は小麦の香りが口の中に広がり、ツルツルっとした食感もGOOD。
それだけではない。メンマも太めで鰹の風味がしっかりとついているが決してスープを邪魔しない。
メンマはあまり好きではないですが、ここのメンマはお替りしたいほど。

鴨のチャーシューもローストされており仕事が丁寧。軽くコンフィにした玉ねぎも淡路島産で甘く、
春菊もえぐみを全く感じないシャキシャキ新鮮なものを使用と、とにかく素材全部にこだわりが。

でも、決してバラバラではなく、それらの素材が一体となっていて、完成された一杯。

お店を出た時はかなりの行列が出来ていたので、本当に運が良かった。
これは、是非味わってほしいラーメンですね!!美味しかった☆


好み:★★★★☆

店名:紫 くろ喜
電話:03-3863-7117
住所:東京都千代田区神田和泉町2-15 四連ビル3号館 1F
時間:昼11:30~14:30、夜18:00~20:30
休み:月・火・水・木・土・日
価格:[夜] ~¥999 | [昼] ~¥999


=========================
あらゆる食をランキングした
「グルメランキング みんなでBEST5」もチェック!!
欲しいグルメBEST5情報が多数掲載中ですっ★
http://www.best555.net/
=========================

また食べたくなる絶品スープ【博龍軒@東区馬出】

福岡でおすすめのラーメンって何処ですか?と聞かれると、実は困ってしまいます。特に豚骨ラーメンは嗜好が大きく別れるので、僕の好みがその人に合うかどうかは本当にわからないですもんね~。
で、僕はこんな感じのとんこつが好きですっていうお店の一つがここ、博龍軒@箱崎です。今年の初め頃に久々に訪問しました?

カウンターのみの小さなラーメン屋。入り込んだ場所で観光でも中々こない場所なので、地元の方がほとんど。これぞ博多ラーメン!を守り続けている老舗のお店です☆

味噌ラーメンではかなり好きな部類【二代目つじ田 味噌の章@神田小川町】

昨年東京に行ったときに訪問。(2010.11.25訪問)。

1時間半前に「凪@西新宿」を訪問していたので、
最近連食が聞かない僕には完食するのがきつかったです(汗)

二代目つじ田のセカンドブランドということで、
また味噌ラーメンは北海道で食べて以来、
中々これっ!というラーメンにたどりつけていないこともあり、
結構期待したのです。

14時過ぎ頃の訪問でしたが、10人くらいは行列できていました。
20分くらい待ったと思います☆

外観

2009年新店の福岡魚介系ラーメン【ラーメン海鳴(うなり)@清川】

先日訪問したのは【ラーメン海鳴(うなり)】。

昨年オープンのお店で、東京の麺屋や、
福岡にある博多元助で修行されていた方のお店の様子。
店内にも元助のロゴが飾ってありましたもんね。

福岡でも魚介豚骨を食べさせてくれるお店がちょっとずつですが、
増えてきましたねぇ~。

というか、ここ数年で色々な種類のラーメンが、
福岡に増えてきているのを、実感します。
宿題店も多いので、ここらで挽回しなければ。。。

東京でも、色々ラーメン食べてますので、
そのうちアップしていきますね。

当店も、行こう行こうと思いつつ、
中々スケジュールが合わないまま、先週やっと訪問できたお店です。

場所はじめは分かりにくかったんですよね。
車でぐるぐる回って、見つけたらなんと通り過ぎていただけジャン!

そんな時、行きたいお店を発見した喜びは、
なんともいいがたいものがある。

それと同時にお店への期待感が高くなりすぎて、
評価が厳しくなっちゃうこともありますよね(笑)

海鳴外観

久々のLOVEラーメン【沖食堂@久留米】

もう1年半以上も更新していなかったのですが、
パスワードが分からなくなって、
このような未更新状態が続く事態になっていた次第(笑)

ボチボチと復活をして行こうかと思いますが、
ま~この1~2年で色々ありました^^
噂話等に振り回されてこちらの思惑と全く違うことが起こっていたりと
本当に残念なこともあれば、新しい出会いもあり、
いい意味で充実しています♪

これからも地道にやっていきますので
今後とも宜しくお願いします!!

さて、復活第一弾ですが・・・

学生時代によく行っていたなつかしのラーメン店に
昨年12月に行ってきました。

久留米方面での仕事が最近増えてきて、
久留米出身の僕としてはとても嬉しいこと。

今年の初めはなんと20年ぶり位の同窓会もあったり、
先週も取引先の方などと久留米で飲んでおりました。

前置きはいいとして、ひっさびさの【沖食堂】です!!
沖食堂の外観

、、ラーメン@井尻の「ラーメン」を食べました。

会社の拠点が博多区のやや外れ方面に変わったので、食べるところも変わってきてますが、そんなある日通りかかってフラッと立ち寄った店。ま、皆さんも知っている「、、ラーメン」

でも知らない人は、暖簾を見たら、なんて読むかやっぱり分かりませんよね。「いラーメン」にいまだに見えるのは僕だけっすか??
8
検索フォーム
カテゴリー
コメント
データ取得中...
プロフィール

たべわん

Author:たべわん
福岡出身、東京在住の食べ歩き好き☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。